日本ジャグリング協会企画講演会 第9回


講演会の趣旨と開催歴


ジャグリング協会ではスポーツやアートとしてのジャグリングのみならず、ジャグリングのさらなる発展のために「文化」としての教育普及活動を強化して行きたいと、2012年よりジャグリングに関する講演会活動を開始しました。本活動を通じて、現代社会の中におけるジャグリングを支える人材を支援するとともに、自分たちの立ち位置やジャグラーが進むべき方向性を見つめ直す契機としていきたいと思っています。皆さまのご参加をお待ちしております。

過去登壇者

開催日時


2017年9月22日(金)時間未定

会場


福岡国際会議場内 会議室(部屋未定)

備考


持ち物は必要なし

タイトル


「ジャグラーと呼ばれて」

講師


スガハラ★フトシ(Mr.BUNBUN)

講演概要


経験に基づいた、ジャグリングの有効的な活用方法を実演を交えてお話し致します。(40分~60分を予定)

講師プロフィール


福岡県志免町在住。大分県出身。サラリーマン時代にアマチュアでパフォーマンスに励む。海外からのパフォーマンス映像に魅せられて周囲の大反対を押し切り、プロに転向。新天地を求め福岡へ。その後、自分探しの旅を経たのちに、当初からサーカステントを購入して各所をまわる事を夢見ていた事もあり、機は熟したと手ごろなテントを探すため、テント業者に電話したところ1億かかると言われ、一瞬であきらめる(のちにシルク・ドゥ・ソレイユの控室に使うテントと聞かされる・真意は不明)。その当時、日本猿と共に生活をしていて、アパートに住めない理由から一軒家に住もうと決意。サーカステントの夢をあきらめてはいたが劇場ならと安くて広い物件を探し、元炭坑町のシャッター通りに適当な物件があり、そこに劇場をつくる。パフォーマーとして活動すると同時に 九州の大道芸フェスティバルの相談役・サポート・プロデュースもおこなっている。主な受賞歴は九州大道芸コンテストグランプリ(年不明)、大分市地域活性化協力賞(年不明)。

Mr.BunBun公式サイト

志免祭/シメサイ 国際コメディシアターフェスティバル