ジャグリング検定

ジャグリング検定とは?

日本ジャグリング協会では段級位認定委員会を設置し、ジャグリング検定の創設を検討しております。

この度、検定基準となる検定表の作成が完了致しました。ここに公開致します。

なお、検定表掲載の技は全てボールを用いた技となっております。その理由は「ジャグリング検定創設について」をご覧ください。

なお、検定会の実施については未定です。現在検定表を用いた検定会の実施方法について議論を行っております。

※各技の練習方法についてはジャグリングを始めようをご参照ください。
※サイトスワップ(例:8級の423)についてはサイトスワップをご参照ください。
※ジャグリング道具についてはショップをご参照ください。

検定表

検定表(PDF)
※練習にお役立てください。

検定表を以下に示します。
必須技 選択技(3つ選択)
1級 カスケード
100キャッチ
5ボール
ハイローシャワー
3周期
4ボール
3イン1ハンド
左右各10キャッチ
3ボール
バッククロス
10キャッチ
3ボール
3UPピルエット
1回
3ボール
2級 カスケード
30キャッチ
5ボール
シャワー
20キャッチ
4ボール
キャリー
5周期
3ボール
バッククロス
5キャッチ
3ボール
53
5周期
4ボール
3級 ファウンテン
100キャッチ
4ボール
スタチューオブリバティ
5周期
3ボール
チョップ
5周期
3ボール
シンクロファウンテン
20周期
4ボール
ハーフシャワー
5周期
4ボール
4級 ファウンテン
50キャッチ
4ボール
オフザヘッド
5周期
3ボール
バークスバラージ
5周期
3ボール
ボックス
5周期
3ボール
1UPハーフターン
2回
3ボール
5級 ファウンテン
30キャッチ
4ボール
シャワー
左右回転各10キャッチ
3ボール
オーバーヘッドカスケード
20キャッチ
3ボール
ミルズメス
5周期
3ボール
1UPピルエット
1回
3ボール
6級 ファウンテン
10キャッチ
4ボール
リバースカスケード
20キャッチ
3ボール
441
5周期
3ボール
ウィンドミル
5周期
3ボール
ボディーバウンス
手の甲→ひじ→腕
3ボール
7級 カスケード
100キャッチ
3ボール
ジャグラーズテニス
5周期
3ボール
シャワー
20キャッチ
3ボール
ビハインドザバック
左右各1回
3ボール
フラッシュ1クラップ
1回
3ボール
8級 カスケード
50キャッチ
3ボール
ハーフシャワー
左右各5周期
3ボール
クローキャッチ
20キャッチ
3ボール
1UP2UP
5周期
3ボール
423
5周期
3ボール
9級 カスケード
30キャッチ
3ボール
オーバーザトップ
左右各1回
3ボール
アンダージアーム
左右各1回
3ボール
2イン1ハンド
左右各20キャッチ
2ボール
アンダーザレッグ
左手右手各1回
3ボール
10級 カスケード
10キャッチ
3ボール
注)10級は必須技のみ
※2008年7月28日制定
※各級は「必須技」および「選択技3つ」をクリアすることで合格となります。
※技への入り方は問いません。
※規定回数・規定キャッチ数・規定周期を超えた段階でその技はクリアとします。
※技の名前をクリックすると模範映像が再生されます。
ジャグリング検定TOPへ